プジョー306 冷却水漏れ ヒーターコア交換

2018年01月28日

いつもお世話になっております。

まだまだ寒い日が続くようで、路面凍結に怯えながらの日々が続くと思うと

心が萎えます。

 

24日に雪が降って、翌日25日の午前中までで東海3県での事故件数が1000件超えたそうです。

24日・25日だけじゃなく、昨日も凍結路面で滑ったんでしょうね、田んぼに軽が落ちてました。

スタッドレス履いてても「絶対に安全」ではないです。

スタッドレス履いてなければ「より一層」安全ではないです。

自分でも気をつけなければいけませんが、巻き込まれる事もありますから

周りの車の動きにも注意を払って「君子危うきに近寄らず」で運転しましょう。

 

 

 

今回のご入庫車両はプジョー306です。

 

水温計の温度が上がっていき、オーバーヒートになってしまったと。

サブタンク内の冷却水が無い。

ヒーターコアからの冷却水漏れでした。

この頃の車両はよくヒーターコアから漏れて、気づく要因として

車内が冷却水の臭いがするのと、窓の内側が曇るです。

と、いうのも、ヒーターコアは車内側にあり、ダッシュボードを降ろさないと交換できない位置にあります。

よって、漏れた冷却水は室内側へ進入します。

気になる方は助手席の足元、フロアマットの下が濡れてないか確認しましょう。

 

 

_storage_emulated_0_SilentCameraSoft_1516327476199.jpg

ダッシュボードを降ろしたところです。

年数が経過している車両は配線や配線カプラー、ホース類や色々な部品も経年劣化しています。

注意しながら触っても、割れたり破損したりします。

割れないように暖めながら外したり、力加減を調整しながら作業を進めます。

 

ヒーターコアの交換も完了し、最終チェックもOKでしたのでお戻しです。

 

今月のキャンペーン

スタッドレスキャンペーン

ブリヂストン レボGZ 185-65 R15

早い者勝ち数量限定 

完売!ありがとうございました!

 

日々あれこれ BLOG

日々あれこれ BLOG No.2

STAFF BLOG